予防方法はあるの?

気をつけるべきこと

予防には食事のとり方を気をつけることが一番効果的といえるでしょう。
食事の時間をなるべく決まった時間にする、食事量を急に減らしたりしないようにする、食事は一日3食とる、といったことです。
もしも、食事の時間がいつもより遅くなりそうならば、飴など炭水化物をすぐに摂取できるよう準備しておくことも大切です。

また、かかりつけの医師と日ごろより相談する事でも予防がしやすいです。
例えば普段どれぐらい、いつごろ運動するのか、食事の時間がいつ頃なのかといったことを伝えておくことで、適切なタイミングでの薬や注射の時間を教えてくれます。
そして、低血糖症がいつ、どのタイミングで起きたのかも医師に相談しておくようにしましょう。

こういった時はどうしたらいいの?

とは言っても、仕事や家事などで毎日同じ生活リズムを守ることは難しいですよね。
なので、もしもの時はどうしたらいのかを知っておくと慌てずに対処できます。

例えば運動や走ったりするときです。
お腹が空いている時は血糖値が低い状態です。
逆に血糖値が一番高い時は食事をしてから1から3時間前後の間です。
血糖値が低い時に運動をすると低血糖症をおこしやすいです。
なので、食前に激しい運動や走ったりすると危険なので、ブドウ糖やジュースを飲んだり、携帯するようにしましょう。
また、運動を日課にしている方は食事の後がよいです。

この他、車などを運転をする時にも注意が必要です。
運転中に症状がでると事故につながる可能性が出てくるからです。
運転中でもすぐに糖分を補給できるよう、手の届くところに置いておきましょう。


この記事をシェアする