対処方はどうしたらいい?

糖分の摂取

症状を感じたら、糖分を摂取して低血糖の状態を改善するようにすることが重要です。

糖分があり、かつ吸収が早い物を携帯するようにしましょう。
例えば、飴や角砂糖は持ち運びに便利ですし、コンビニでも入手しやすいです。
また、糖分が多い飲み物、フルーツジュースなども吸収が早く、外出先でも入手しやすいです。

料の目安は砂糖で10から15gで、ジュースでコップ1杯分ぐらいの200ml前後です。
これらの量を摂取し、15分待って様子をみてください。
症状が改善しない場合は同じ量を再び摂取してみてください。
それでも改善の兆しがない時は医療機関で受診しましょう。

すぐに食事がとれるのでしたら、おにぎりや芋類のおかず、甘いお菓子もいいでしょう。

自身で対処ができない時

低血糖症の症状が進むと自力で対処ができない時もあります。
なので、家族や周りに低血糖症や糖尿病の人がいる人は知っておくともしもの時に対処できます。

特に、患者の意識がない時は飴を食べたり、ジュースを飲んだりすることができません。
そのような時は、ブドウ糖など甘い物を歯茎や唇に塗り、医療機関へ連絡しましょう。
注意したいのが飲み物や飴を意識がない、もうろうとしている人の口に入れることです。
上手く飲み込めず肺に入ってしまったり、喉につまらせる原因になります。
あくまでも歯茎や唇に塗るだけにしてください。

もしも、その患者が1型糖尿病の方でしたら、グルカゴン注射を普段打っている方なら、駐車をすることで症状が緩和します。


この記事をシェアする